2023/8/21★壊れやすい自己愛

f612ce33-34a3-4e42-8dfd-ffddf5d49e56

ゆがんだプライドが邪魔をして…

「でも」「いや」「そうじゃない」「違う」

この言葉を頭に付けて、相手の発言を否定から入る人がいます。

先日のカウンセリングで、この特徴が顕著な方がいらっしゃいました。

これは「フラジャイルナルシシズム」といって、相手の会話をまず否定から入り、自論の正しさを受け入れてもらおうとする、自己愛性人格障害者の特徴のひとつです。

相手の会話をまず受け取り、そこから自論を展開していく、という過程をたどることができません。

そこにあるのは「自論が否定されてしまう不安」が強くあるからです。

まず相手を否定して威嚇し、自分の脆弱性を隠してプライドを誇示するしか、コミュニケーションの方法を知りません。

カウンセリングに来てまでプライドを誇示するのは、身近にはそのやり方が機能しないため、お金を払ってでもプライドを誇示して不安を埋めたいという、末期的な精神状態が見え隠れしていたと感じました。

この件は改めてコラムにしたいと思っています。

Related Posts