メニュー

片付けられない症候群・家事が苦手な女性 - Salon de Femmes(サロンドファム)|横浜市の恋愛・夫婦・不倫・離婚・性など男女問題をカウンセリング相談

サロンコラム・お知らせ一覧

男女問題に関するコラムをキーワードで検索します。
例) 「結婚」「離婚」「不倫」 等

片付けられない症候群・家事が苦手な女性

カテゴリ: 雑記 公開日:2017年06月30日(金)

 

 

昨今、メディア等で

汚部屋に住む女性が

良く登場しています。

 

 

 

「片付けられない女性」特集が組まれたり

掃除や整理整頓が苦手な

女性達が話題になっています。

 

 

 

そもそも論

片付け上手・下手は

男女差ではなく個人差。

 

 

 

しかし女性は本来

「家事が好き」という

決まったイメージが存在し

「片付けられない女性」に

世の中の風当たりは

手厳しいのが現実です。

 

 

 

家事・片付けが苦手な女性達は

何故そうなってしまったのか

彼女達共通の原因を

考えてみましょう。

 

 

 

1/ 片付けを一気にやろうとする

 

片付けは一日数分で充分なのです

10分で出来る簡単なことから

毎日こつこつと始めてみましょう。

 

 

 

片付けようと思いつつ

一向に片付けられない女性は

ある日一気に

時間を掛けて片付けようとします。

 

 

 

ところが片付けに対するやる気は

そんなに長くは続くものではないのです。

 

 

 

最初に取り掛かるのは

10分で出来る財布の片付けからです。

 

 

 

まずは財布の中だけでも

スッキリ綺麗に出来たら合格です。

 

 

 

2/ 「最安値」「限定品」「おまけ」というフレーズに弱い

 

本当に必要な物

実は不要な物の

区別や見分けがつきません。

 

 

 

「他所より安い!」

「限定品だから買っておこう」

「おまけが付くなら買おう」

このようなシチュエーションで手に入れたものは

実はほぼ不要な物であったりします。

 

 

 

通販番組等は

「激安」「限定品」「セール」等の

悪魔のささやきのオンパレードです。

 

 

 

購入に自制心が持てないのならば

敢えて近づかないようにする

努力をしましょう。

 

 

 

 100円均一ショップやコンビニ

雑貨屋さん等は

本当に誘惑だらけなのです。

 

 

 

 3/ ある物は全て取っておこうとしてしまう

 

きちんと取捨選択をし

物を捨てて減らすという発想がなく

全て収納してしまおうとするのが

片付けられない女性の大きな特徴です。

 

 

 

ポケットの多いバッグは便利と

考えてしまう方は要注意です。

 

 

 

いくつもポケットがあったとしても

どこに何を入れたのかを把握しないため

結果的に物を入れっぱなしにしたり

大切な物を探せず無くします。

 

 

 

汚部屋一直線になる負のスパイラルは

 

「しまいたい 」

   ↓

「とりあえず押し込む」

   ↓

「物が隠れる」

   ↓

「どこへしまったかを忘れる」

   ↓

「そのうち出てくるだろう」

   ↓

「なくしたことすら忘れる」

 

 

 

4/ 幸せになれるかもしれないグッズ

 

アロマオイル、パワーストーン

天使や神様グッズ、スピリチュアル本

片付け指南本、自己啓発本

占い本やタロットカード、霊能力者グッズ

 

 

 

これらは汚部屋を片付けていると

必ずと言っていいほど発見されるアイテムです。

 

 

 

「これを買えば幸せになれる」という

希望的妄想やグッズに傾倒・依存をしてしまい

自ら能動的に行動も起こさず

グッズを買うことにより

人生の滞りを解決しようとします。

 

 

 

自分を幸せに出来るのは

自らの努力だけです

他力本願では何も解決しません。

 

 

 

5/ 片付けられない事を、親など過去のトラウマのせいにする

 

「幼少期に自由に物を買ってもらえなかった」

「物に愛着があるので捨てられない」

「両親を早くに亡くしたので家事を教えてもらえなかった」

 

 

 

いい年をしていながら

片付けられない理由として

ヒストリーや育った環境

過去のトラウマ等を持ち出し

自分は被害者なのだと

訴える人は多いのです。

 

 

 

食べ残しや包装紙のような

明らかなゴミをゴミ箱に捨てられないのは

誰のせいでもなく

全てあなたの怠慢なのです。

 

 

 

片付けられるように努力し

自ら成長出来る女性は

工夫をしどうすべきなのかを

自ら考えて行動出来るのです。

 

 

 

片付けなくても済む理由を作り出し

自分に言い訳をし続ける女性は

人生の幸せからも

見放されることでしょう。

 

 

 

明日から冷蔵庫の中を

毎日5分だけ掛けて片付けてみましょう。

 

 

 

賞味期限があり

捨てる判断がしやすい冷蔵庫の中は

片付けが苦手な女性でも

比較的手を付けやすい所です。

 

 

 

一気に性格を改められる

近道は存在しませんが

毎日継続することで

確実に変化していきます。

 

 

 

・片付けられない女性に肥満体は実に多い

 

片付けられない女性は

生活習慣が全般的に

乱れていることが多いです。

 

 

 

実際に片付けられな女性は

肥満になりやすいと言われています。

 

 

 

・汚部屋に住んでいるとストレスが溜まる

 

ごちゃごちゃと片付いていない方が安心する

手に届くところに物がある安心感という女性もいます。

 

 

 

物が多い部屋にいると

何故か落ち着くという女性も多くいます。

 

 

 

しかしそれが自分の部屋となれば

毎日「片付けなければ」と

頭のどこかでは考えているのです。

 

 

 

仕事から帰ってきてドアを開ければ

いつもの汚い光景がそこに広がり

必要な物は探しても全く見つからず

足の踏み場のない部屋では趣味も持てず

友達を呼ぶことはおろか恋人も呼べない。

 

 

 

そんなストレスが

太る原因になることは周知の事実です。

 

 

 

ストレスは食欲を増大させます。

 

 

 

つい食べ過ぎてしてしまうのも

そんなストレスが原因ですし

部屋が汚いことで

食生活もだらしなくなってしまう

スパイラルに陥ります。

 

 

 

・肥満指数と汚部屋度は確実に正比例します

 

何故ならこういう女性達は

ダイエットも部屋の片付けも

「明日から頑張ろう!」と

全て先延ばしにする考え方の癖があるのです。

 

 

 

散らかった部屋も

「明日から片付けよう」

ダイエットも

「今日は疲れたから明日から頑張ろう」

と何かと理由をつけて

何でも先延ばしにし

結局、何もせずダラダラとした毎日を

過ごしてしまうからです。

 

 

 

・片付けられない人は仕事も出来ない

 

「片付けられない人は仕事が出来ない」

という説を聞いたことはありませんか?

 

 

 

身の回りを整理出来ない人は

頭の中も整理出来ないという判断をされても

あながち間違いではないでしょう。

 

 

 

その一方で

デスクの上が散らかっていても

仕事は出来る優秀な人も存在します。

 

 

 

片付けられない=仕事が出来ないとは

一概には言えないのかもしれません。

 

 

 

しかし、片付けられない人と

仕事が出来ない人に

共通する特徴もあります。

 

 

 

・面倒なことは何でも先延ばしにしてしまう

 

片付けられない人には

「先延ばしにする癖」があります。

 

 

 

部屋の片付けは

いつまで放置しても

何かが起きる訳ではありませんが

仕事の場合はそうはいきません。

 

 

 

問題を先延ばしにしても

いつかは手を付けなければなりません。

 

 

 

先延ばし癖のある人は

その「いつか」が

「問題が起こってから」に

なってしまいがちです。

 

 

 

「まだ大丈夫」と楽観視せず

先に起こり得ることを予測して先んじて動き

更には何か起きた時の

フォローまで考えられるようにしましょう。

 

 

 

・自分で判断が付かない

 

片付けには判断がつきものです

物をどこにしまうのか

捨てるか捨てないかなど

ひとつひとつの物に対して

自ら判断を付けていかなければなりません。

 

 

 

片付けられない人はこの判断が出来ないのです。

 

 

 

仕事でも判断が出来ないと

それだけ時間が掛かってしまいますし

判断を誤ると大きなミスに繋がってしまいます。

 

 

 

これは判断基準を持つことで解決出来ます。

 

 

 

最初から全て自分で判断しようとせず

分からない事はきちんと

事前に確認するようにしましょう。

 

 

 

他人から判断の基準を学び

学習し自分のものにすることが重要です。

 

 

 

私はこれとは真逆で

少々潔癖なところがあります。

 

 

 

某タレントのように

テレビのリモコンを置く角度が

気になる程のものではありませんが

物をあちこちに置いておく事が苦手だったり

髪の毛が落ちているのが気になったり

食器は自分で洗わなくては気が済まなかったり。

 

 

 

生活において潔癖なために

時間が多く割かれてしまうことがあります。

 

 

 

重要な書類だったのに

一読してパッと捨ててしまったり

このせいで子供が小学生の頃は

捨てたことで不自由な思いをしたこともありました。

 

 

 

これはこれで

困ったことであると思っています。

 

 

 

どちらも極端に走らず

何事も中庸が良いのかもしれません。

 

 

 

❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏
・横浜市中区
『男女諸問題カウンセリングサロン』
☆恋愛・結婚・不倫・離婚・セックスレス等のお悩みは当サロンへ☆
★Salon de Femmes(サロンドファム)
代表サロンカウンセラー 祥子

http://www.salondefemmes.com
❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏