メニュー

セックスレス・形骸化した夫婦関係 - Salon de Femmes(サロンドファム)|横浜市の恋愛・夫婦・不倫・離婚・性など男女問題をカウンセリング相談

サロンコラム・お知らせ一覧

男女問題に関するコラムをキーワードで検索します。
例) 「結婚」「離婚」「不倫」 等

セックスレス・形骸化した夫婦関係

カテゴリ: セックスコラム 公開日:2018年10月05日(金)

 

 

夫婦の一方がセックスを求めても
パートナーがセックスを拒否をしてしまい
どうしても受け入れてもらえない。

 

 

 

セックスを受け入れようとしない状態で
且つその事を非常に問題視している状態を
セックスレスであると定義します。

 

 

 

夫婦生活を継続しようとしている夫婦にとって
セックスレスは非常に深刻な問題となることがあります。

 

 

 

セックスに向く雰囲気作りをするなどの
夫婦双方の努力や協力体制があり
セックスレスが解決される場合は問題がありません。

 

 

 

しかし様々な努力にも関わらず
なかなか解決に至らない場合には
自己否定的な気持ちに陥ったり
欲求が満たされないことによる不満の蓄積から
パートナーへ憎しみを抱いてしまう事が心配となります。

 

 

 

セックスを求める側はどうしても
「セックス」というプレイに意識が向いてしまいがちです。

 

 

 

しかしセックスレスの本質は
「セックスしたいのか」
「セックスしたくないのか」
といった次元の話ではありません

 

 

 

セックスレスに陥っている根本は
セックス云々の前に本能的なところで
パートナーへの不満や不安が渦巻いているため
コミュニケーションを拒否しているのです。

 

 

 

そのように心の問題であると認識し
セックスレスの問題を内面から捉えて
まず相手の心理に共感することが大切です。

 

 

 

そして二人の「セックス」以外の
日常のコミュニケーションを振り返り
向き合って見直すことが重要です。

 

 

 

その為にはセックスレスに

問題意識を持っていたとしても
セックスレスについては

一旦保留にする必要があります。

 

 

 

セックスを「する」か「しない」かといった
虚構な議論をただ繰り返しても
繰り返すごとにお互いの心の間には
深い溝が刻まれていくことになるでしょう。

 

 

 

そのような最悪の状況になってしまわないよう
パートナーが心の中に抱えている
人生や生活に対する不満や不安を
安心して話すことが出来るような
誠意ある雰囲気を作ることが大切です。

 

 

 

そのためにも自分自身のコミュニケーションを
再点検することがとても大切です。

 

 

 

1/ パートナーの話を顔を背けず聞くことが出来ているだろうか?

 

2/ パートナーの喜びを共に分かち合っているだろうか?

 

3/ パートナーが辛そうな時には優しく傍に寄り添っているだろうか?

 

4/ 「君子危うきに近寄らず」は自分の甘えや逃げの抗弁である

 

5/ パートナーの話を途中で中断させ自分の話を被せていないだろうか?

 

6/ 夫と妻という役割で割り切って様々なことを押し付けていないだろうか?

 

7/ パートナーの頑張りを認めているだろうか?

 

8/ パートナーの失敗を許しているだろうか?

 

9/ パートナーに労いや感謝の言葉を伝えているだろうか?

 

10/ 自分の話を面倒臭がらずパートナーに伝えているだろうか?

 

 

 

以上の項目をチェックして
お互いにどんなことでも正直に伝え合うことで
コミュニケーションの復活に繋がり
そしてセックスレスの解消に結びついていくのです。

 

 

 

お互いの気持ちを正直に話し合えるようになったことで
二人が解決しなければならなかった
夫婦の問題を相互に認識し
夫婦が努力してセックスレスの解決に向けて
取り組んでいけるようになるかもしれません。

 

 

 

素直な気持ちで向き合える関係になった時点で
いつの間にかセックスレス自体も
自然と解消していく事例がとても多いのです。

 

 

 

これは夫婦だけではなく
恋人同士であっても
どんなパートナーシップにおいても
同じことが言える二人にとって重要な
コミュニケーションの問題です。

 

 

 

❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏
・横浜市中区
『男女諸問題カウンセリングサロン』
☆恋愛・結婚・不倫・離婚・セックスレス等のお悩みは当サロンへ☆
★Salon de Femmes(サロンドファム)
代表サロンカウンセラー 祥子

http://www.salondefemmes.com
❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏