メニュー

ベッドでの体調急変にはご注意を - Salon de Femmes(サロンドファム)|横浜市の恋愛・夫婦・不倫・離婚・性など男女問題をカウンセリング相談

サロンコラム・お知らせ一覧

男女問題に関するコラムをキーワードで検索します。
例) 「結婚」「離婚」「不倫」 等

ベッドでの体調急変にはご注意を

カテゴリ: セックスコラム 公開日:2018年06月18日(月)

 

 

腹上死なんてドラマや小説の世界、とお思いでしょう。

 

 


救急を持つ医療機関に勤務していると

実は結構見聞きする機会があるのです。

 

 

 

運び込まれた患者さんの年齢にそぐわない女性が
患者さんの付き添いでやってきた場合など
様子のおかしさに「あれ?」とアンテナが立てば
感じた予想は大体ビンゴです。

 

 

 

家族の計り知らないところで女性とセックス中に

体調急変を来し死亡するなど
残された家族にしてみればとんでもない置き土産です。

 

 

 

以下の医学論文は多数の剖検例から
セックス中に死亡した症例を抽出し解析した研究です。

 

 

 

ベッドの上で起こった悲劇とは

 

この医学論文はドイツの法医学教室で行われた研究で
1972年からの45年間で3万8,000例の剖検が行われました。

 

 

 

その中でセックス中に体調急変を来し死亡した人数は
99人(0.26%、男性91人女性8人)確認されました。

 

 

 

この数字の中にはマスターベーション中に死亡した
30人(男女差不明)も含まれています。

同時期に発表された別の剖検研究では
虚血性心疾患4,557人中34人(0.75%)という報告も出されています。

 

 

 

死亡した女性の平均年齢は45歳で
男性の平均年齢は57.2歳でした。

 

 

 

死因は28人が冠動脈疾患
21人が心筋梗塞
17人が再梗塞
12人が脳出血
8人が動脈瘤破裂
8人が心筋症
2人が急性心不全
1人が突然死(原因不明)
1人が心筋炎
1人が心筋梗塞+ドラッグ中毒でした。

 

 

 

セックス中の死亡が多かったのは季節は春と夏
死亡場所は故人の自宅が多かったそうです。

 

 

 

セックスパートナーが特定されたケースでは
34人が風俗で死亡
9人が妻と自宅で
7人が愛人と自宅外で
4人がパートナーという結果でした。

 

 

 

セックス中による死亡は
基礎疾患として循環器系に問題がある男性に多いと
論文著者は結論付けています。

 

 

 

膨大な剖検を着実にデータ化した
実に興味深い研究であると感じます。

 

 

 

家族に後ろめたい秘め事をお持ちの男性諸氏は
日頃の体調変化には細心の注意を払うと共に
何か事が起こった際には
苦しみの中でもセックスパートナーに助けを求めず
パートナーは先に帰したのちに
自ら119番を呼ぶことをお勧めします。

 

 

 

なぜなら、救急搬送にパートナーが付き添ってしまうと
救命された場合は付き添いの事実が家族に伝えられること
残念ながら死亡した場合にはパートナーは警察に連れていかれ
事の次第は厳しく調書を取られることになるからです。

 

 

 

後ろめたい恋愛を継続している女性諸氏は
このようなトラブルに遭った際の
行動のシミュレーションや心の準備など
その果てにはパートナーの家族に訴えられるところまでも
充分念頭に入れておくことが肝要です。

 

 

 

 

「愛の死 - 45年間にわたる回顧的かつ将来のフォローアップ死亡研究」

 

Love Death-A Retrospective and Prospective Follow-Up Mortality Study Over 45 Years.
The journal of sexual medicine. 2017 Oct;14(10);1226-1231. pii: S1743-6095(17)31378-4.

 

Author:Lena Lange, Barbara Zedler, Marcel A Verhoff, Markus Parzeller

 

BACKGROUND : Although sexual activity can cause moderate stress, it can cause natural death in individuals with pre-existing illness. The aim of this study was to identify additional pre-existing health problems, sexual practices, and potential circumstances that may trigger fatal events.

 

METHODS : This medicolegal postmortem, retrospective, and prospective study is based on data of autopsies performed at the Institute of Legal Medicine of the University hospital, Goethe-University, Frankfurt/Main, Germany.

 

OUTCOMES : Identification of pre-existing health problems, sexual practices, and potential circumstances than could trigger fatal events.

 

RESULTS : From 1972 to 2016 (45 years) approximately 38,000 medicolegal autopsies were performed, of which 99 cases of natural death were connected to sexual activities (0.26%). Except for eight women, men represented most cases. The women's mean age was 45 years (median = 45) and the men's mean age was 57.2 years (median = 57). Causes of death were coronary heart disease (n = 28), myocardial infarction (n = 21) and reinfarction (n = 17), cerebral hemorrhage (n = 12), rupture of aortic aneurysms (n = 8), cardiomyopathy (n = 8), acute heart failure (n = 2), sudden cardiac arrest (n = 1), myocarditis (n = 1), and a combination of post myocardial infarction and cocaine intoxication (n = 1). Most cases showed increased heart weights and body mass indices. Death occurred mainly during the summer and spring and in the home of the deceased. If sexual partners were identified, 34 men died during or after sexual contact with a female prostitute, two cases at least two female prostitutes. Nine men died during or after sexual intercourse with their wife, in seven cases the sexual partner was a mistress, and in four cases the life partner. Five men died during homosexual contacts. Based on the situation 30 men were found in, death occurred during masturbation. Of the women, five died during intercourse with the life partner, two died during intercourse with a lover or friend, and in one case no information was provided.

 

CLINICAL TRANSLATION : Natural deaths connected with sexual activity appear to be associated with male sex and pre-existing cardiovascular disorders. Most cases recorded occurred with mistresses, prostitutes, or during masturbation. If death occurs, the spouse or life partner might need psychological support.

 

STRENGTH AND LIMITATIONS : To our knowledge, the present study contains the largest collection of postmortem data on natural deaths connected with sexual activities. However, the cases presented were of forensic interest; a larger number of undetected cases especially in the marital or stable relationship sector must be assumed.

 

CONCLUSION : Patients should be informed about the circumstances that could trigger the "love death." Lange L, Zedler B, Verhoff MA, Parzeller M. Love Death-A Retrospective and Prospective Follow-Up Mortality Study Over 45 Years. J Sex Med 2017;14:1226-1231.

 

Copyright © 2017 International Society for Sexual Medicine. Published by Elsevier Inc. All rights reserved.

 

 

 

❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏
・横浜市中区
『男女諸問題カウンセリングサロン』
☆恋愛・結婚・不倫・離婚・セックスレス等のお悩みは当サロンへ☆
★Salon de Femmes(サロンドファム)
代表サロンカウンセラー 祥子

http://www.salondefemmes.com
❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏