メニュー

セックスレスの定義とは - Salon de Femmes(サロンドファム)|横浜市の恋愛・夫婦・不倫・離婚・性など男女問題をカウンセリング相談

サロンコラム・お知らせ一覧

男女問題に関するコラムをキーワードで検索します。
例) 「結婚」「離婚」「不倫」 等

セックスレスの定義とは

カテゴリ: セックスコラム 公開日:2018年03月28日(水)

 

 

気が付けば何か月セックスをしていないのだろう・・・

寂しさも限界でパートナーにセックスを求めても

背を向けられて拒否をされてしまう

結果長期間に渡ってセックスレス状態。

 

 


夫婦なのに何故ここまで冷たく

セックスを拒否されてしまうのか

考えを募らせる毎にパートナーに対して

不信感を持つようになるのではないでしょうか。

 

 

 

そして我慢し切れずに

果てにはパートナーとは離婚して

新しいパートナーを見つけたいという

考えに至ることも致し方ないのかもしれません。

 

 

 

・セックスレスを理由に法律は離婚を認めるのか?

 

パートナーのセックス拒否が原因による離婚に於いて

離婚慰謝料を請求することは可能なのでしょうか?

 

 

 

1/ セックスレスの定義とは

 

日本性科学会の調査による

夫婦のセックスレスの定義は以下の通りです。

 

 

 

「特別な理由がないのに、夫婦が合意したセックス、またはセクシュアル・コンタクトが一か月以上皆無な状況」

 

 

 

ここで指す「セクシュアル・コンタクト」には

キスやペッティング

裸によるベッドイン等も含まれます。

 

 

 

この定義で示す一か月という期間ですと

短いと思われる方が意外と多く

セックスレスのイメージとは少し違うようです。

 

 

 

故に一般的には

夫婦の一方がセックスを求めても

パートナーが求めを拒否し

長期間に渡りセックスが成されない状態

またはその事をパートナーに大して

不満に思っている状態を

セックスレスと定義する例が一般的でしょう。

 

 

 

2/ セックスレスに陥っている夫婦の割合

 

一か月以上もセックスがない夫婦の割合は

具体的にどれくらいなのでしょうか?

 

 

 

日本家族計画協会が2014年に行った

「男女の生活と意識に関する調査」があります。

 

 

 

その調査によると

一か月の間にセックスがなかったと

答えた夫婦の率はなんと44.6%もありました。

 

 

 

年齢別で一番多いのは

意外なことに35~39歳で46.9%です。

 

 


10年前にも同様の調査を行っていますが

その際は31.9%でしたので

セックスレスの夫婦は

年々増加傾向にあると言えるでしょう。

 

 

 

セックスレスの率が増加すると同時に

セックスレスにより夫婦関係が悪化し

離婚トラブルに発展する件数も相関して増えています。

 

 


しかし夫婦両方がセックスを求めていない場合は

当然離婚トラブルには至りません。

 

 

 

夫婦の一方がセックスを求めても

パートナーが拒否する場合に夫婦関係が悪化し

故に離婚問題に発展していくのです。

 

 

 

3/ セックスレスを理由に離婚出来るのか

 

セックスレスを理由に離婚が認められるか否かは

セックスレスが元で夫婦関係が破綻したのかどうかが

離婚問題の争点となってきます。

 

 

 

夫婦間におけるセックスは

法律的にも結婚生活に於いても

必要不可欠な要素になると考えられるでしょう。

 

 


従って正当な理由もなく

セックスを拒み続けることは

良好な夫婦関係の要素を

自ら拒否していることになります。

 

 

 

故に夫婦のセックスレスとは

「婚姻を継続し難い重大な事由」に合致し

夫婦の離婚原因と成り得るでしょう。

 

 


セックスの数回程度の拒否や

数か月程度の拒否では

パートナーがセックスに応じる可能性がゼロではない為

簡単に離婚を認められません。

 

 

 

法律上の争点となってくるのは

相手が年単位の期間に渡り

セックスを拒否した場合です。

 

 

 

4/ セックスレスを理由に離婚を認めた裁判例

 

「性交渉不能を告げず結婚し、結婚後一度も性交渉がない」


「夫が自慰行為にふける」


「 同性愛者で妻との性交渉を拒否」


「AVにしか興味を持たず、妻と性交渉しない」

 

 

 

5/ セックスレスを理由に離婚を争うには

 

セックスレスだけを主張しても

離婚裁判で判決が出るわけではありません。

 

 


夫婦関係の破綻が大前提となり

そこにセックスレスが要因となっている場合は

離婚が認められるでしょう。

 

 

 

長期に渡るセックスレスがあったとしても

円満な夫婦関係を築いている方もいらっしゃいます。

 

 


離婚裁判に勝訴するためには

セックスレスを含めた数々の理由を重ねていき

夫婦関係が破綻していることを

丁寧に訴えていく必要があります。

 

 

 

6/ 異常性癖も離婚原因となり得る

 

セックスがあったとしても

相手がその行為に

異常性を感じるようなものであった場合

例えば昼夜構わず常にセックスを強いられたり

一般的な回数を

大幅に上回るほどの要求があったりする場合にも

状況によっては離婚原因と成り得ます。

 

 

 

異常性癖に於いては

相手が望まないのに

セックス中に首を絞めたり

拘束具で縛り上げて体を叩くなど

その行為について明確な拒否をしているにも拘らず

行為にこだわり続けるといった理由があった場合に

離婚が認められた事例もあります。

 

 

 

・セックスレスを決して軽んじて捉えない

 

夫婦関係に於いてのセックスは

婚姻の基本となり得る重要事項です。

 

 


相手が正当な理由がなく

セックスを拒み続けることは

裁判上でも認められる可能性がある

重要な離婚事由となります。

 

 

 

セックスレスでの離婚をお考えの場合

今の配偶者とは離婚して

新たなパートナーを見つけて

人生をやり直したいとお考えの方。

 

 

 

セックスレスを克服出来るよう

今一度セックスについて学び直し

夫婦で努力したいとお考えの方。

 

 

 

どのような方向をお考えでも

あなたが人生を前向きに進むことが出来るよう

当サロンはあなたを全力で応援致します。

 

 

 

 

❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏
・横浜市中区
『男女諸問題カウンセリングサロン』
☆恋愛・結婚・不倫・離婚・セックスレス等のお悩みは当サロンへ☆
★Salon de Femmes(サロンドファム)
代表サロンカウンセラー 祥子

http://www.salondefemmes.com
❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏