メニュー

セックスについての不満 ~男性編~ - Salon de Femmes(サロンドファム)|横浜市の恋愛・夫婦・不倫・離婚・性など男女問題をカウンセリング相談

サロンコラム・お知らせ一覧

男女問題に関するコラムをキーワードで検索します。
例) 「結婚」「離婚」「不倫」 等

セックスについての不満 ~男性編~

カテゴリ: セックスコラム 公開日:2017年11月16日(木)

 

 

男性のご相談者に
「セックスの不満」を質問してみると
一番多く出てくる問題として
女性の性格や容姿には満足してるが
セックスの相性が良くない、ということ。

 

 

 

性の価値観の不一致が
別れの原因になることもあるため
侮れない重大な問題です。

 

 

 

特別な行為を望んでいる訳ではなく
単純に女性の反応が薄い
または得られないというものでした。

 

 

 

反応が薄いとは
具体的にどんなものなのか
下にまとめてみます。

 

 

 

・動かない


セックスの最中
ただ横たわっているだけ。

 

 


なすがまま、されるがままで
決して自分からは動かない。

 

 

 

・反応しない


動かないことに加えて
男性が頑張って動いても
愛撫しても反応しない。

 

 

 

・言葉を発しない


セックスの最中は一切喋らない

反応する声さえ聞こえない。

 

 

 

自発的に動かないだけならまだしも
何をしても無反応となると
セックスする意味さえ
なくなるような気もします。

 

 

 

動かない
反応しない
喋らないの
三拍子が揃ってしまうと
男性は次の行動に
躊躇してしまいます。

 

 

 

最悪な例には
男性が勃起機能不全に
陥ってしまう可能性もあるのです。

 

 

 

しかし物事には
必ず原因があるはずです
喜怒哀楽が一切ない
人間など存在しませんから。

 

 

 

それでは女性が
何故そうなってしまったのか
その原因を探ってみることにします。

 

 

 

原因その1. 女性の経験値が低い

 

「動かない・反応しない・喋らない」
のではなくて
「動けない・反応できない・喋れない」
という理由もあります。

 

 

 

セックスの経験値が低い場合
緊張状態から
無反応になるとこともあります。

 

 

 

また、セックスの概念として
清廉であるべきという
極端な刷り込みがある場合にも
「女性は慎ましやかに、男性に身を委ねて」
という観念から
反応を抑えているという例もあります。

 

 

 

成長の途中で
性的な知識を取り込む機会がなかったり
両親が敢えて性の話をクローズにしたり。

 

 

 

そのような環境の中にいたことで
性に対して極端な偏向を持ってしまう
そんなタイプの女性に多く見られます。

 

 

 

原因その2. タイミングが分からない

 

通り一遍の性知識はあるし
無反応はいけないと分かっていても
いざとなると実践に移せない女性も。

 

 

 

ただ行動するにしろ
行為に反応するにしろ
タイミングを逃してしまう
ということも珍しくはないようです。

 

 

 

要するに頭で考え過ぎなのですが
シミュレーションだけは完璧なタイプの
女性に多いようです。

 

 

 

原因その3. 無反応な自覚がない

 

情報が氾濫している世の中ですが
リアルに他人のセックスを
観察する機会はほぼありません。

 

 

 

女性側は
「これくらいが普通」
と思っているのに
男性側から見ると
無反応となる場合も。

 

 

 

この場合
上手く指摘をすることが出来れば
改善することもありますが
方法を間違ってしまうと
メンタルの部分でこじれてしまう
危険性もあります。

 

 

 

・それでは女性はどうあれば良いのか・・・

 

セックスとは
男性が女性に奉仕することが
当たり前だと思っていませんか?

 

 

 

これは性格によって異なるかしれませんが
男性に奉仕されることがデフォルトで
女性が動くなんて論外という考え方です。

 

 

 

セックスには興味があっても
あくまで奉仕される立ち位置を
崩さないケースです。

 

 

 

Give&Give
セックスはあくまで対等な関係であり
もっと言うならば
Give&Happy
してあげるだけで幸せ
これが基本ではないでしょうか。

 

 

 

そしてこれはセックスのみならず
同じように人間関係全般に
言えることなのだと思うのです。

 

 

 

難しいことを考えなくても良いのです。

 

 

 

男性からの奉仕を
同じようにそのまま返してあげる
その気持ちから行動すればOK。

 

 

 

高度なテクニック等は必要ありません
キスならキスを返してあげる
愛撫なら愛撫でお返しする
愛の言葉をささやかれたら
同じ気持ちを言葉にしてお返しする
気持ちも一緒に添えて
それで充分なのです。

 

 

 

性に積極的になれない女性は
セックスに対する知識不足と
過剰な羞恥心が
原因になっていることがあります。

 

 

 

例外として
過去のトラウマや
自分の体への劣等感が
その枷になっている場合もありますが
それはまた充分なカウンセリングにより
改善へ持っていくことも可能です。

 

 

 

女性が積極的に動くことも
反応することも
決して恥ずかしいことではありません。

 

 

 

まずはパートナーと共に
スキンシップとして

お風呂へ一緒に入ったり
ベッドでセックスのことについて語り合い
何が足りなくてどうしたいのか
どこが良くて素敵と感じるのか
赤裸々に語り合うことをお勧めします。

 

 

 

二人が深く愛し合うために

余計なプライドは捨てることです。

 

 

 

❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏
・横浜市中区
『男女諸問題カウンセリングサロン』
☆恋愛・結婚・不倫・離婚・セックスレス等のお悩みは当サロンへ☆
★Salon de Femmes(サロンドファム)
代表サロンカウンセラー 祥子

http://www.salondefemmes.com
❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏