メニュー

モラルハラスメントをする夫・通称「モラハラ夫」から逃げられない妻 - Salon de Femmes(サロンドファム)|横浜市の恋愛・夫婦・不倫・離婚・性など男女問題をカウンセリング相談

サロンコラム・お知らせ一覧

男女問題に関するコラムをキーワードで検索します。
例) 「結婚」「離婚」「不倫」 等

モラルハラスメントをする夫・通称「モラハラ夫」から逃げられない妻

カテゴリ: 夫婦間コラム 公開日:2019年05月17日(金)

 

 

「なぜモラハラ夫と結婚してしまったのか」

 

モラハラ夫に苦しめられているという
妻の悩みを見聞きしたことのある人は
皆一様にこう思うのではないでしょうか。

 

 

 

結論からお話すると
夫のモラハラを初期段階で見抜くことは
慎重な人でも非常に困難であるということです。

 

 

 

何故ならモラハラ夫はモラハラを自覚している節があり
それを利用して自分の立場を誇示する部分があるのです。

 

 

 

それならばモラハラ夫の被害を受ける妻に
共通の特徴はあるのでしょうか。

 

 

 

女性は総じて優しく耐え忍ぶ性質であることが
被害を際立たせている感がありますが
気の強い女性や聡明な女性でも
同じように被害に遭っている事実があります。

 

 

 

強いて言うならば自責的な性格傾向にある女性が
モラハラの被害に遭いやすいと言えるかも知れません。

 

 

 

しかしどんな性格傾向の女性であっても
敢えてモラハラ夫を選んでしまう可能性が
全くないとは言えないのではないでしょうか。

 

 

 

モラハラ夫は妻の至らない点を徹底的に非難し
妻が反論しないことに付け込むことで
妻の控え目な性格や自責的な性格を
徹底的に利用して妻を追い込んでいきます。

 

 

 

妻がほんの些細なことで何か失敗したりすると
モラハラ夫はその失敗をネタに
何度も何度も妻を執拗に責め続けます。

 

 

 

それを何度も何度も繰り返すことで
妻自身から「自分が夫を怒らせる原因だ」と
自分に非があると思い込ませるのです。

 

 

 

また、結婚生活に関する年配者の考えには
実は有害であるものが多くあります。

 

 

 

両親などからよく聞くものとして
「結婚前は両目を開き、結婚後は片目をつぶる」
などがあると思います。

 

 

 

結婚前は熱い恋人同士ですから
お互いに最大限に欠点を隠して近づくでしょう。

 

 

 

モラハラ体質の男性は特に意識的に
モラハラ体質である事を隠しているものです。

 

 

 

本来持っている思考とは全く逆を演じることで
相手を手中に取り込めることを
これまでの経験則で知っているからです。

 

 

 

結婚前で気持ちが膨らんでいる状態の女性が
いくら両目を開いて男性を見たとしても
相手がモラハラ体質であることは簡単には分かりません。

 

 

 

そして結婚後完全に手中に入れられたと
達成感を得た男性はモラハラスイッチが入ります。

 

 

 

自分が手中に入れた自分の物であるから
何をしても許されるという思考の構図です。

 

 

 

結婚後は片目をつぶるということは
日常的にモラハラを受けたとしても
年配者の教えに倣うならば
「片目をつぶって」我慢することになります。

 

 

 

一方でモラハラ夫は結婚後に両目を開いて
妻の一挙手一投足にあら捜しをし出します。

 

 

 

そして当然であるがごとくモラハラを行うのです。

 

 

 

結局「片目をつぶって」の教えは
妻に我慢を強いるだけの結果をもたらします。

 

 

 

そして我慢をしているうちに
妻の感覚が麻痺していくことになり
自分はどうしたいのかどうされたいのかが
自らの頭で考えられなくなっていくのです。

 

 

 

「モラハラ夫に"立ててあげる"は通じない」

 

モラハラ夫は妻が反発出来ない状況や
自分に自信が持てた時や
自分に自信が持てなくなった時などに
スイッチが入り妻へモラハラを始めます。

 

 

 

結婚や子供の出生や仕事が上手くいった時
逆に物事が上手くいかなかったり
妻のほうが様々なことで夫を上回ったり
自信と僻みなどがスイッチとなり得ます。

 

 

 

スイッチが入り夫のモラハラが始まってしまったら
どう対処していくのがよいのでしょうか。

 

 

 

これも年配者からのよくあるアドバイスとして
「夫を立ててあげること」
「夫婦生活とは我慢」
「我慢が足りていない」
「優しく諭して自覚を促す」
などがよく聞かれるところだと思います。

 

 

 

しかし残念ながらモラハラ夫に対しては
いずれも当てはまることではありません。

 

 

 

モラハラ夫の場合には
我慢したり立てたりしてしまうと
モラハラが肯定されたこととなり
モラハラが余計に増長していきます。

 

 

 

いくら優しく「諭す」としても
「偉そうに言うな」と否定されたことだけが
モラハラ夫の頭に残る結果となり
更なる過激なモラハラのネタとなってしまうのです。

 

 

 

「モラハラ夫との離婚で妻が手に入れられるもの」

 

妻はモラハラ夫から逃げられない自分を
自分の中で納得するために
「夫は弁が立つから」
「夫は外では良い夫と思われているから」
「別居、離婚したらもっと酷いことをされる」
「離婚したら自分は一人で生きていけるのか」
などと無理やり納得するように考え始めてしまい
自分主体の行動をとることが出来ません。

 

 

 

しかしそれはモラハラ夫の思うつぼであり
モラハラ夫への従属度を無条件に
高めてしまうことになりかねません。

 

 

 

結論を言えば
モラハラ夫との離婚は困難なことではありません。

 

 

 

現在の日本では3組に1組は離婚をしている状況です。

 

 

 

確かに妻の経済的自立は必要になりますが
モラハラ被害から自尊心が崩壊するという
無慈悲なことはなくなりますし
何よりも解放感や幸福感は
経済的な苦労を補って余りあることでしょう。

 

 

 

「モラハラ夫は改心することはないと考える」

 

モラハラ夫が改心することは極めて稀です。

 

 

 

それはモラハラ夫もまた抑えられない感情を
妻へぶつけることは良いことだと思っていないからです。

 

 

 

夫が妻へモラハラやDVを行った翌日などに
心から反省した素振りで謝罪してくるなどの行動は
モラハラが良いことではないと理解しているが故でしょう。

 

 

 

しかしその感情を抑えられないことと
モラハラにより妻を軍門に置くことが出来れば
何より自分を肯定出来ると考えているのです。

 

 

 

夫の主体は常に自分であり
妻の立場には立てないということでしょう。

 

 

 

もしもあなたが夫から
モラハラを受けていると感じているのであれば
まずその被害から逃げることを考えてみましょう。

 

 

 

モラハラを受け続けて感覚が麻痺してしまう前に
自分は本当はどうしたいのかを
何より自分主体に考えることです。

 

 



❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏
・横浜市中区
『男女諸問題カウンセリングサロン』
☆恋愛・結婚・不倫・離婚・セックスレス等のお悩みは当サロンへ☆
★Salon de Femmes(サロンドファム)
代表サロンカウンセラー 祥子

http://www.salondefemmes.com
❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏