メニュー

大人の発達障害 その3 ~カサンドラ症候群からの離脱~ - Salon de Femmes(サロンドファム)|横浜市の恋愛・夫婦・不倫・離婚・性など男女問題をカウンセリング相談

サロンコラム・お知らせ一覧

男女問題に関するコラムをキーワードで検索します。
例) 「結婚」「離婚」「不倫」 等

大人の発達障害 その3 ~カサンドラ症候群からの離脱~

カテゴリ: 夫婦間コラム 公開日:2018年10月19日(金)

 

カサンドラ症候群に陥りやすい人は
家庭不和の責任が全て自分にあると考えがちです。

 

(カサンドラ症候群については
大人の発達障害 その2 ~カサンドラ症候群~をご参照ください。)

大人の発達障害 その2 ~カサンドラ症候群~ ←ここをクリック

 

 

 

過去のエピソードをお聞きしても
とかく自分を責めてしまいがちという傾向があります。

 

 

 

基本的に他人のせいにしがちな人は
まずカサンドラ症候群にはならないでしょう。

 

 

 

カサンドラ症候群の人が友人などに
状況を相談するとよく言われてしまうことがあります。

 

 

 

「パートナーがおかしかったことは、結婚前に気が付かなかったのか?」
何故前兆に気が付かなかったのか、ということです。

 

 

 

するとカサンドラ症候群の人は
パートナーの本性を見抜けなかったこと自体さえ
自分が悪かったのだと更に自分を責めてしまいます

 

 

 

しかし実は、相手の本性を見抜くということは
思うより意外と難しいものなのです。

 

 

 

何故なら、発達障害を持つ人には
「外モード」と「内モード」の切り替えがあるからです。

 

 

 

「外モード」とは過去エピソードから得た学びを生かして
周囲との軋轢や摩擦を回避するように振る舞うモードです。

 

 

 

「こう装えば怒られない」
「こうすれば受け入れてもらえる」
という過去からの経験則が外モードとして働いています。

 

 

 

しかしそれは本来の自分ではなく
かなり無理をしている状態であるため
本人にとっては大きなストレスになります。

 

 

 

それとは反対の「内モード」では
外モードを全てOFFにしている本来の自分であり
発達障害を隠さない自分でもあります。

 

 

 

自分が育ってきた家庭や
現在の家の中では「内モード」で過ごし
一歩外へ出ると「外モード」を使い分ける技を持っているのです。

 

 

 

結婚する前の恋人関係は「外」ですから
当然「外モード」で自分を飾る努力をしています。

 

 

 

それはひとえに相手に好きになって欲しいからです。

 

 

 

そして結婚という目的を達成すると
「自宅だから内モードで良い」という理解から
スイッチが「内モード」に切り替わるわけです。

 

 

 

当の本人にはそこに悪意は全くなく
ただ自宅で気を抜いて楽にしているのでしょう。

 

 

 

自分に無理をしなくなっただけなのです。

 

 

 

しかしパートナーからすれば

いきなり180度の変わりように戸惑い
「良いと思って結婚したのに何故変わってしまったのか」
その変化に自分の責任を感じてしまうわけです。

 

 

 

パートナーの発達障害に苦しみ
自分の至らなさを責めてしまい
自らの心や体を自らが更に苦しめてしまう
カサンドラ症候群からどのように脱却したらよいのでしょうか。

 

 

 

・発達障害を持つ人から物理的に距離を取ること

 

発達障害を持つ人とは
「少し変わり者ではあるが基本はいい人」
であることが多いのです。

 

 

 

しかし実際にこのような人を
パートナーに持たなければ分からない
たくさんの理不尽さや解消されないストレスが
カサンドラ症候群に陥った妻の心や体に
いつしか著しい変調をきたしてしまうでしょう。

 

 

 

それはやがて数々の諸症状にも発展していく可能性があります。

 

 

 

その諸症状を改善するためには
対症療法として精神安定剤などの薬剤を
服用するという方法もあるでしょう。

 

 

 

しかしそれは一時的な解消であり
根本的な解消ではないことは確かです。

 

 

 

ですからここは自分のことを一番に考えて
発達障害を持つパートナーと
物理的に距離を置くしかありません。

 

 

 

カサンドラ症候群の人はとかく自分を責めがちですので
自分を滅して上手くいかないパートナーに添うことで
自己肯定感を満たそうとする傾向がありますが
それは反せば共依存でもあり
人を介して肯定感を満たす行為はそうすることで
自分の本心をごまかしているだけでもあるのです。

 

 

 

共依存とは自立や責任を犠牲にしてまで
相手に過剰な関心を注いでいる状態を指します。

 

 

 

例えると、発達障害を持つ人は
自分が引き起こした問題を状況のせいにしたり
周囲のせいにしたりして自らを振り返ることはしません。

 

 

 

カサンドラ症候群の人はこれを全て自分の責任と思い込み
発達障害を持つ人の後始末をしてしまうのが習慣となります。

 

 

 

それを習慣として自分の責任と仕事とすることで
「自分がいなければ相手がダメになる」
「相手を受け入れてあげられるのは自分だけ」
と責任感を持つことで自己肯定感を誤った形で満たします

 

 

 

このような共依存関係になっている場合は
一時的な別居などで物理的に心理的に
リアルな距離を置くことで冷静になれる場合があります。

 

 

 

カサンドラ症候群から派生する
心身的な症状が顕著であれば
まず一時的にでも距離を置くことをまず考えるべきでしょう。

 

 

 

・カサンドラ症候群は「治る」ものではない

 

カサンドラ症候群とは精神疾患ではなく

あくまで状況から引き起こされた「現象」です。

 

 

 

カサンドラ症候群が主原因で
心身症状が引き起こされたりしますが
カサンドラ症候群自体は
投薬などでは治すことが出来ません

 

 

 

カサンドラ症候群から離脱するためには
良い意味で「気持ちの開き直り」と
「リアルな距離感」が必要になるでしょう。

 

 

 

自分の心の中に明確な線引きをして
自分の心の中で折り合いをつけていくことが重要です。

 

 

 

妻としてでも母としてでもなく
「私という個人」としての考えを明確に持ち
何を取捨選択していくのかを自分で決めることです。

 

 

 

「相手がこう言ったから」
「子供のためだから」ではなく
自らの意志のみで選択をし
「自分のためにしていること」と理解出来たとき
カサンドラ症候群を乗り越えられるのではないでしょうか。

 

 

❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏
・横浜市中区
『男女諸問題カウンセリングサロン』
☆恋愛・結婚・不倫・離婚・セックスレス等のお悩みは当サロンへ☆
★Salon de Femmes(サロンドファム)
代表サロンカウンセラー 祥子

http://www.salondefemmes.com
❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏