メニュー

家族を守るために不倫を許すべき? - Salon de Femmes(サロンドファム)|横浜市の恋愛・夫婦・不倫・離婚・性など男女問題をカウンセリング相談

サロンコラム・お知らせ一覧

男女問題に関するコラムをキーワードで検索します。
例) 「結婚」「離婚」「不倫」 等

家族を守るために不倫を許すべき?

カテゴリ: 夫婦間コラム 公開日:2018年02月21日(水)

 

 

昨今の離婚率の上昇は

男女雇用機会均等法に始まり

女性の社会的地位向上と共に

増加の一途を辿ってきました。

 

 

 

その昔は離婚してしまうと

女性と子供が生活出来ないという理由で

ひたすら我慢を重ねる女性も多かったのですが

今は不倫をされた妻は慰謝料を請求し

子供がいれば成人まで養育費を請求します。

 

 

 

不倫により裏切りを重ねられ

許すことが出来ない夫と一つ屋根の下暮らすより

いっそのことすっきり離婚してしまった方が

今後の人生を楽しく送ることが出来るのです。

 

 


まともに考えるならば

不倫をし裏切った夫を

許すことが出来ないのは当然です。

 

 

 

裏切った相手を信じることは

容易ではありませんし

普通の感覚を持つ人間ならば

生理的に許せなくなることでしょう。

 

 

 

許してもよいと思えるのならば理由は

生活として裏切った夫の扶養を受け続けたい

若しくは裏切られてもまだ好きだから

別れたくないと思う気持ちの方が強いからです。

 

 

 

但し妻がすがる形で許してしまうと

夫の裏切りのハードルが低くなり

同じ過ちを繰り返す原因にもなりかねません。

 

 

 

また何よりもそこには

夫の気持ちが既に妻にはない可能性が高いでしょう。

 

 

 

感情的にはお互いへの愛情が存在しない状態で

ただ子供の為だけに

お互いに望まない夫婦生活を

仮面夫婦として演じ続ける場合もあります。

 

 

 

そんな形骸化した夫婦として

心の底では夫を許せない状態でも

表面上許した「フリ」をしている

そんな悲しい夫婦関係に成り下がってしまいます。

 

 

 

 

これはもちろん子供のためになるわけがありません。

 

 

 

なぜならば形骸化した夫婦生活は

表面上普通に装っていても

言葉や態度の端々に心の闇が現れるからです。

 

 

 

この微妙な空気感に

気が付かない家族はいませんし

その空気を察した子供の心に

暗い影を落とすことでしょう。

 

 

 

とはいっても離婚を選択することは

妻にとって容易な道ではないことは確かです。

 

 

 

ですから夫も

子供の為と離婚を思い留まるのならば

裏切り行為を全て清算し

きちんと妻に謝罪して許してもらうことです。

 

 

 

その上で夫婦生活を

もう一度再構築すべきなのです。

 

 

 

子供の為に家族の為にと

自分の怒りを押し殺して

表面上の結婚生活を維持することは

夫を許す事が出来ない自分を正当化しつつも

ただ自分が安定した生活を得たいが為の

短絡的な生活手段でしかありません。

 

 

 

それはいうなれば

子供を利用している事にもなります。

 

 

 

不倫をして裏切った夫を許し

夫婦生活を再構築するということは

家族の為ではなく自分の為です。

 

 

 

許すと心を決めたのならば

夫の努力を期待するだけではなく

まず自分自身も夫の心を取り戻す為の

女性としての努力をして下さい。

 

 

 

夫ばかりを責めるのではなく

何故夫が外を向いたのか

妻も自分自身を振り返ってみましょう。

 

 

 

これは許す為の努力ではなく

良い夫婦であり

良い家族を作っていく為の努力なのです。

 

 

 

 

❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏
・横浜市中区
『男女諸問題カウンセリングサロン』
☆恋愛・結婚・不倫・離婚・セックスレス等のお悩みは当サロンへ☆
★Salon de Femmes(サロンドファム)
代表サロンカウンセラー 祥子

http://www.salondefemmes.com
❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏