メニュー

芸能人の不倫報道から学ぶこと - Salon de Femmes(サロンドファム)|横浜市の恋愛・夫婦・不倫・離婚・性など男女問題をカウンセリング相談

サロンコラム・お知らせ一覧

男女問題に関するコラムをキーワードで検索します。
例) 「結婚」「離婚」「不倫」 等

芸能人の不倫報道から学ぶこと

カテゴリ: 恋愛コラム 公開日:2019年01月16日(水)

 

 

「「妻と別れて一緒になりたい」は信用しないこと」

 

不倫でまだ記憶に新しいのは
ベッキーとゲスの極み乙女のボーカル。

 

 

 

ベッキーが男性との恋に落ちた時点では
男性に妻がいることを知らなかったと話したベッキー。

 

 

 

それが本当ならベッキーは被害者ともいえるでしょう。

 

 

 

しかし問題はその後の報道で
離婚届のことを「卒論」と称し
男性が「ちゃんと卒論書くから待ってて欲しい」
とベッキーに伝えたLINEのやりとりが報じられました。

 

 

 

「妻と離婚して君と一緒になる」などの口説き文句は
不倫をする既婚男性がお決まりで口にする言葉です。

 

 

 

これは女性にとって「嬉しい一言」ではあるのでしょうが
逆に最も「信じてはいけない一言」でもあります。

 

 

 

不倫交際がスタートして半年程度は
付き合い初めでもあるためにお互い新鮮であり
男性は女性をつなぎ留めるために必死であるからこそ
口から出まかせの耳障りの良い言葉であり
そこに心底そうしたい気持ちなど欠片もありません。

 

 

 

不倫という禁断の恋に溺れているために
冷静な判断が出来ないことと
お互いシチュエーションに酔っている状況なので
女性も男性の言葉を盲目的に信じて
次第に不倫が泥沼に陥っていきます。

 

 

 

もし男性に離婚したい気持ちがあるならば
離婚後の将来を誓った時点で
具体的な行動に移すはずでしょう。

 

 

 

しかし男性はどんなに時間が経っても
一向に妻と別れようとする様子が見えません。

 

 

 

なぜなら男性にとって女性は
単なるセックスフレンドだからなのです
「妻と離婚して君と一緒になる」などの
心にもない「嘘」が火遊びを大炎上させてしまうのです。

 

 

 

「証拠と取られるようなものは一切残さないこと」

 

20年来の愛人だった女性に
数々の証拠写真を暴露された桂文枝。

 

 

 

愛人といっても単なるセフレではなく
一緒に遊びを楽しむ仲だったようですから
当然愛情も持ち合わせた不倫だったのでしょう。

 

 

 

しかしトラブルになったときに
証拠になってしまう写真や動画などは
決して撮って残してはなりません。

 

 

 

交際当時はお互いに愛し合っていても
トラブルになって男性が愛人を切る時には
愛情があったからこそ憎しみが倍増するものであり
写真や動画などが男性の周辺を傷つける
決定的なアイテムになる恐れがあるからです。

 

 

 

特に既婚者との不倫は細心の注意をすべきであり
メールなどもいつ相手の家族に見つかるか分かりません。

 

 

 

夫婦共用のパソコンはもちろんのこと
スマホメールやLINEなども避けるべきでしょう。

 

 

 

スマホはパスワード管理を徹底し
内容は「愛してる」などの文言は書いてはなりません。

 

 

 

スマホをパスワード管理していると
逆に浮気を疑われることもありますが
中身を見られて決定的な証拠を押さえられるよりは
疑いでグレーゾーンにいるほうが
余程安全であり穏やかであることは確かです。

 

 

 

データ流出のし易いLINEは使ってはなりません。

 

 

 

当サロンの事例で多いのは
セックスの内容を書いたメールを
スマホを開けられ奥様に証拠として取られてしまい
浮気を認めざるを得なくなった例です。

 

 

 

そもそも不倫とは
パートナーを裏切る行為のため
どんな理由があれど受け入れざるものであり
一度トラブルになってしまうと
信用回復はなかなか難しいのでしょう。

 

 

 

芸能人の不倫騒動は星の数あれど
そこからは上記のような教訓を得ることが出来るのです。

 

 

 

❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏
・横浜市中区
『男女諸問題カウンセリングサロン』
☆恋愛・結婚・不倫・離婚・セックスレス等のお悩みは当サロンへ☆
★Salon de Femmes(サロンドファム)
代表サロンカウンセラー 祥子

http://www.salondefemmes.com
❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏