メニュー

何度も繰り返される浮気・原因と対処法 - Salon de Femmes(サロンドファム)|横浜市の恋愛・夫婦・不倫・離婚・性など男女問題をカウンセリング相談

サロンコラム・お知らせ一覧

男女問題に関するコラムをキーワードで検索します。
例) 「結婚」「離婚」「不倫」 等

何度も繰り返される浮気・原因と対処法

カテゴリ: 恋愛コラム 公開日:2018年09月23日(日)

 

 

性別は問わず浮気を繰り返してしまう人は
人間としての本能や欲が優先されてしまい
モラルや理性を欠いた考え方が基本にあります。

 

 

 

ただ単純に性欲が強いことで
特定のパートナーとのセックスだけでは
性欲を満たすことが出来ないという問題も存在します。

 

 

 

パートナーに不満があっても

きちんと話し合って解決することが出来なかったり

面倒から議論を避けてしまう人間は

つい目先の快楽に走る傾向にあります。

 

 

 

また、他者への好奇心が非常に強く
常に多数の人間と繋がりたい願望があり
出会い系などSNSから離れられない人も
浮気癖のある人の特徴です。

 

 

 

特に性格的に優し過ぎる人は(本当の優しさではなく甘さですが)
相手から言い寄られ断り切れなかったり
元恋人との繋がりが絶ち切れないこともあるようです。

 

 

 

パートナーの怪しい行動や

スマホを必要以上に隠す仕草や

見覚えのない避妊具を発見するなど
ふとしたきっかけで相手の浮気を知ってしまった時。

 

 


相手をただ感情から一方的に責めることよりも
まずは原因と対処法をじっくり考える必要があるでしょう。

 

 

 

・治らない浮気癖にどう対応したらよいのか

 

度重なる浮気癖への対応といっても
ケースバイケースであり非常に難しいものがあります。

 

 

 

何故なら浮気癖は性質的なものがあり
本人が治したいと思ってもなかなか治らないものです。

 

 

 

ひとつには浮気の定義を明確にしておくことも必要でしょう。

 

 

 

浮気に対する認識がずれている場合は
考えがすれ違う原因にもなりかねません。

 

 

 

お互いが許容出来る範囲をきちんと話し合い
そこに明確な制限を設けることで
浮気がいけないことであると認識出来るようになります

 

 

 

しかし注意するべきは禁止事項を増やし過ぎないことです。

 

 

 

人は禁止されることにより
更に興味を深めてしまう生き物でもあるからです。

 

 

 

また、相手が不特定の他人とセックスをしていると考えると
それは心の問題のみならず
医学的に体の問題も起こってきます

 

 

 

特に女性は男性を介し
性病や細菌を遷される可能性があります。

 

 

 

女性はセックスにより膣内に異種の細菌を遷され
性病ではなくても細菌性膣炎を起こすと言われています。

 

 

 

いつもは正常なのにある日のセックス後
急に細菌性膣炎を起こすのは
男性が他で浮気をしていたということも
充分考えられる原因でもあります。

 

 

 

・浮気性であるかどうかのチェック法

 

基本的にメールや声掛けなど異性にマメな人は
他の異性に対しても同じように

マメにアプローチしているものです。

 

 

 

性欲が強くセックスへの執着があるタイプも
浮気性である可能性が非常に高いです。

 

 

 

過剰な自己肯定感から自分に自信があるタイプも
肯定感を満たすための浮気をしてしまう可能性があります。

 

 

 

浮気性の人間は倫理観やモラルが欠落していることから見ても
浮気を隠す術は非常に雑で疎かであることから
すぐに浮気が発覚してしまうことが多いのです。

 

 

 

自分の欲を満たすことがパートナーを傷つけることに繋がると
客観的に考えることが出来ない自己中心的な人間
ここに論じる間でもないでしょう。

 

 

 

・治まらない浮気癖への対処法

 

男性の浮気性の場合には
自分に感心が強い(プライドが高い)人が多いので
常に男性を引き立ててあげるようにし
居心地の良い場所を作るよう努力しましょう。

 

 

 

女性の浮気性の場合には
常に気を掛け愛されていたいという願望があります。

 

 

 

日々忙しくても女性のことを気に掛けるようにし
言葉や行動で愛情を伝えるようにしましょう。

 

 

 

普段から感謝の気持ちを伝え合うのです。

 

 

 

相手から大事にされているという自己肯定感が生まれ
孤独感や寂しさを感じにくくなります

 

 

 

また相手の浮気性は病気だから仕方がないと
ある程度の諦めと受容も大切です。

 

 

 

浮気されることにばかり気を取られていて
猜疑心の目を向ける日々は自分が辛いだけです。

 

 

 

ただ、相手のプライバシーを大切にし過ぎて
行動などを何も疑うことなく自由にさせ過ぎてしまうのは
相手に「何をやってもよい」という

勘違いをさせることにもなりかねません。

 

 

 

常に相手に関心を持っているという感覚を与えつつ
相手を信頼しているからこそ
相手を自由にさせているのだという
軽い条件を意識させることも大切です。

 

 

 

そして何より重要なことは相手と膝を突き合わせて
きちんと浮気について話し合うことです。

 

 

 

浮気について感情的にならず
心はどれだけ傷ついて信用が置けなくなるのか
身体的にはどのようなリスクを負うことになるか
具体を挙げてきちんと意見交換をします。

 

 

 

浮気をすることに原因があるのならば
その原因についても相手の意見を聞き入れて
お互いに改善するために

積極的な努力を申し出るとよいでしょう。

 

 

 

・浮気性は本当に治るのか?

 

その人間の性質である浮気性を治すのは
おそらく至難の業であることでしょう。

 

 

 

しかし絶対に治らないというわけではありません。

 

 

 

一度や二度の努力ではなく
ある程度時間を掛けて見守る必要はあるでしょう。

 

 

 

それでも浮気性が治らないのであれば
けじめをつけてパートナーを解消するという方法もあります。

 

 

 

しかしもう一度考えてみて下さい。

 

 

 

あなたが今のパートナーを選んだ理由は何だったのでしょうか。

 

 

 

今まで数多い問題に耐えて受容してきたのは
浮気性という欠点をも上回る
相手の利点があったからではないでしょうか。

 

 

 

今までの歴史を大切にするためにも
まずはお互い力を合わせて
相手の浮気性を治す努力をしてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏
・横浜市中区
『男女諸問題カウンセリングサロン』
☆恋愛・結婚・不倫・離婚・セックスレス等のお悩みは当サロンへ☆
★Salon de Femmes(サロンドファム)
代表サロンカウンセラー 祥子

http://www.salondefemmes.com
❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏