メニュー

不倫で苦しみの渦中にあるあなたへ - Salon de Femmes(サロンドファム)|横浜市の恋愛・夫婦・不倫・離婚・性など男女問題をカウンセリング相談

新着一覧

不倫で苦しみの渦中にあるあなたへ

カテゴリ: 恋愛コラム 公開日:2018年05月10日(木)

 

 

当サロンに持ち込まれる相談内容で
不倫相談は尽きることがありません。

 

 

 

社内恋愛で不倫に発展してしまうケースが
最近特に多いように感じます。

 

 

 

不倫なんて辛い恋愛はしなければ良い
そんな正論で片付けるのは簡単ですが
事例は全てケースバイケースであり
一般論で語れない事例であることは確かです。

 

 

 

・不倫で失ってしまうもの

 

これは男女に因り大きく違いがあるでしょう。

 

 


今回のコラムでは既婚男性と独身女性の
不倫関係を例としてお話をします。

 

 

 

不倫は当人同士にとって

情熱的な恋愛ではありますが
必ず終焉を迎える恋愛でもあります。

 

 

 

何故なら絶対に自分が相手にとって
一番になることがない恋愛だからです。

 

 

 

不倫初期には「一番愛してる」「一番大切」と
相手は懸命に情熱を言葉にして伝えてくるでしょう。

 

 

 

それは不倫関係を上辺だけでも綺麗に修飾したいことと
性欲を愛の言葉に置き換えているからです。

 

 

 

短期的に上辺だけは一番になれたとしても
飾りが取れてしまえば終焉を迎えてしまうのが不倫。

 

 

 

もちろん世の中の不倫には
既に夫婦関係が破綻している不倫もあり
それをきっかけに不倫から再婚へと
第二の人生を歩み始めるパターンもあるでしょう。

 

 

 

しかしいつかはそこに至れたらと願っていても
叶うことがない場合が殆どであり
相手は余程のことがない限り
不倫から再婚へのいばらの道を
歩むことはないといっても過言ではありません。

 

 

 

それを待ち続けて様々なことを耐え忍んでいれば
間違いなく自分はいつしか壊れてしまうでしょう。

 

 

 

軽い気持ちで始まった不倫の方が厄介かもしれません。

 

 

 

当サロンで様々な不倫相談を受ける中で感じることは
不倫を続けていると

「自分に自信をなくしてしまう」ということです。

 

 

 

これが人が失ってはならない一番大切なものなのです。

 

 

 

最初は一番大切にされたとしても
実際に大切にされていても
不倫は自分に自信を持てなくしてしまいます。

 

 

 

週末は家族のための時間だからとか
家族と旅行をするから連休は会えないとか
自分が病気で寝込んでも家族優先と放っておかれたりとか。

 

 


様々な節々で感じる「自分は一番ではない」という
現実を知るにつけ落胆することでしょう。

 

 

 

絶対に自分は相手の一番にはなれない。

 

 

 

その辛い現実を知りながら恋愛をしても
自分自身がそこにいるかどうか分からない恋愛ならば
自分に自信を無くしてしまうのは当然のことだと思います。

 

 

 

・自分に自信を持ち続けるためには

 

「妻とはもうセックスがない」
「夫婦関係は崩壊している」
「離婚したいと何度も思った」

 

 

 

そんな上辺だけの言葉を並べられても
本当の夫婦関係はどうなのか
実際のところは何も分かりません。

 

 

 

本当に妻に対して気持ちがない人もいるでしょうが
本当のところは妻を心から大切にしている人もいます。

 

 

 

自分は知る由もない相手の家庭のことで悩んでいては
自分の心は病んでしまう一方でしょう。

 

 

 

「自分が一番大切に思っている相手の一番になれない」
「面と向かって妻が一番大切だと言われた」

 

 

 

こんな実感や事実を受けたならば
自信喪失してしまうことは仕方のないことです。

 

 

 

このような喪失体験を積み重ねていくと
心が傷つき失われていくだけでしょう。

 

 

 

そしてやがて仕事や
友人関係にも影を落とすことになります。

 

 

 

それほどに
「相手にとって妻が一番であり、自分は一番大切な人にはなれない」
という現実は強い破壊力があります。

 

 

 

自分は相手を一番大切な存在だと思っているからこそ
そのショックは相当なものです。

 

 

 

それまで相手と見てきた美しい風景さえ
驚くほど色が褪せて見えてきます。

 

 

 

それまで楽しく感じてきた相手とのたわいない会話さえ
どこか上の空になってしまったり
共感出来ていた気持ちが失われたような感覚に襲われます。

 

 

 

その気持ちはセックスにも影を落としていきます。

 

 

 

女性は体より先に心で快感を得るものです。

 

 

 

一番大切な人になれないという言葉は飲みこめても
それを心が受容し切れていないと
心がセックスに反応しなくなっていきます。

 

 

 

それまで狂おしいほど感じていた相手の愛撫もキスも
体では反応をしても心が追いつかなくなり
果てにはセックス自体に引け目を感じてしまいます。

 

 

 

相手を愛してはいても

どこか義務感に駆られたセックスに
心も体も感じるような本当の快楽はやってきません。

 

 

 

虚無感からのセックスはやがて
相手にもその気持ちが伝わるところとなり
相手がセックスに掛ける情熱も

徐々に失われていくことでしょう。

 

 

 

自信とは自分を一番大切に思ってくれる人がいるからこそ
満ち溢れた愛から生まれるものなのだと思います。

 

 

 

人は愛されているからこそ
自信というものが生まれてくるのです。

 

 

 

それでも致し方なく二番目の存在を

選ばざるを得ないこともあるでしょう。

 

 

 

どうあがいても一番にはなれない恋愛も存在します。

 

 

 

そのような時には自分を

一番愛してくれる場所を見つけましょう。

 

 

 

それは家族でも職場でも
友達や趣味のコミュニティーでも
大切にしてくれる場所ならば何でもいいのです。

 

 

 

そして自分を大切にしてくれる場所を大切にすることです。

 

 

 

不倫中は一般的に倫理的な観点から周りに相談しづらくなり
いつもひとり話す相手もなく孤独になりがちです。

 

 

 

自分はここならば安心して話すことが出来る
自分はひとりではないと感じられる場所を作ることで
少しずつ自分に自信を持つことが

出来るようになるのではないでしょうか。

 

 

 

そんな方々の支えになるようなお手伝いが出来たらと
当サロンはいつでも扉を開けてお待ちしております。

 

 

 

❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏
・横浜市中区
『男女諸問題カウンセリングサロン』
☆恋愛・結婚・不倫・離婚・セックス等のお悩みは当サロンへ☆
★Salon de Femmes(サロンドファム)
代表サロンカウンセラー 祥子

http://www.salondefemmes.com
❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏