メニュー

別れたほうがいいと分かっていても別れられない - Salon de Femmes(サロンドファム)|横浜市の恋愛・夫婦・不倫・離婚・性など男女問題をカウンセリング相談

新着一覧

別れたほうがいいと分かっていても別れられない

カテゴリ: 恋愛コラム 公開日:2018年01月06日(土)

 

 

人間、愛が全てではない。

 

 

 

心に迷いのある人は

「愛のない人生は無意味」

「愛が全て解決する」と

信じているものである。

 

 

 

もしこの考えが正しいのならば

世の中の男女トラブルは

少ないはずであるから。

 

 

 

大抵の親は子を持つと

愛情を一身に注ぎ育児をする。

 

 

 

しかし深い愛をもって育てても

親の期待を裏切り

子供が問題を起こす例を見ることがある。

 

 

 

その一方で

幼少期から愛に恵まれず

孤独な生育歴であっても

愛情豊かな大人に育った人間も少なくない。

 

 

 

人生のある時期

愛する人を持つことなく

愛してくれる人もいなかった

そんな辛い状況に置かれたとしても

人生は決して最悪ではない。

 

 

 

最悪の人生とは

自分の人生という重要さを忘れ

周りの人間関係に

振り回されてしまう事をいう。

 

 

 

愛には栄枯盛衰があり 

愛には波乱万丈がある。

 

 

 

しかしそれに掛かりきりになり

自分の人生を見失ってしまうこと

ここに大きな問題がある。

 

 

 

男女関係とは

お互いに半々の責任を持ち

共に営む人間関係であるはず。

 

 

 

自分の気持ちに蓋をし

相手の心地よさだけに

懸命に注力してしまうから

盲目的に相手へ奉仕をし

故に相手の慢心を生む。

 

 

 

「誠実で」

「素直で」

「愛情深く」

「良心的な」人は

大抵損をしてしまうものだ。

 

 

 

男女関係だけに見られることではないが

自分の立場を守るために

相手を故意に牽制する人がいる

これを「投影の心理」といい

いわゆる責任回避である。

 

 

 

相手の人生を背負う覚悟がなかったり

自分の欲望を満たすだけの不倫など

偏った男女関係によく現れる心理である。

 

 

 

愛を信じて盲目的に尽くしている人は

相手の都合よい欲望と心理に

翻弄され傷つくこととなる。

 

 

 

そう考えると

「誠実で」

「素直で」

「良心的な」自分を

肯定しないほうが

よいのではないか。

 

 

 

この関係はもう終わりかもしれないと

考えれば考えるほど

つい執着してしまうことがある。

 

 

 

この執着心とは

自己保存の本能に

由来しているのかもしれない。

 

 

 

自己保存が脅かされてしまうと

本能的に愛と承認を得たくなり

自分の心が壊れてしまう限界まで

つい頑張ってしまう。

 

 

 

このような時こそ

冷静に自分の心を振り返り

論理的に考えるべきである。

 

 

 

自分は相手を本当に好きなのか

相手に対して怒りがないのか

相手に翻弄されていないか

自分の権利や尊厳は守られているのか。

 

 

 

自分は相手に取って

「その他大勢」扱いに過ぎないのではないか

ここを良く吟味することである。

 

 

 

恋人がいなくても

例え孤独であっても

人は生きていかなくてはならない。

 

 

 

別れを迷う人は

「恋人なしには自力で生きられない」という

考えに選択を鈍らされている。

 

 

 

別れを迷う自分は

一体何に囚われているのか

ここを見極める必要があり

その判断を自分だけで下せないのであれば

冷静で偏りのない

第三者の意見を求めること

ここが重要である。

 

 

 

❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏
・横浜市中区
『男女諸問題カウンセリングサロン』
☆恋愛・結婚・不倫・離婚・セックス等のお悩みは当サロンへ☆
★Salon de femmes(サロンドファム)
代表サロンカウンセラー 祥子

http://www.salondefemmes.com
❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏❏