メニュー

サロンコラム ・ お知らせ一覧 - Salon de Femmes(サロンドファム)|横浜市の恋愛・夫婦・不倫・離婚・性など男女問題をカウンセリング相談

サロンコラム・お知らせ一覧

男女問題に関するコラムをキーワードで検索します。
例) 「結婚」「離婚」「不倫」 等

「信頼」と「安心」の違いを知る

カテゴリ: 恋愛コラム 公開日:2018年12月10日(月)

 

友達関係でも恋人関係でも夫婦関係でも
関係が進展する時に重要になる要素として挙がるのは
「信頼」と「安心」というキーワードだと思います。

 

 

 

ところが「信頼」と「安心」とは
実は似て非なるものであることをご存知でしょうか。

相手を褒める気持ちを持つことの大切さ

カテゴリ: 恋愛コラム 公開日:2018年12月02日(日)

 

「人を褒めることに抵抗を感じてしまう」
「相手の良いところが分からない」
相談の中でこのような話をよく聞きます。

 

 

 

コミュニケーションを取る時に必要な
相手と同じ目線で共感を持つ大切さ。

 

 

 

何故素直に褒められないのか
その理由を知ることが「褒め上手」への近道となります。

犠牲は本当に崇高な行為?犠牲に苦しんでいませんか?

カテゴリ: 恋愛コラム 公開日:2018年11月23日(金)

 

いつも周りを一番に考えて
自分は無理ばかりしてしまう。

 

 

 

周りから期待されると断れず
気が付くと無理をしている自分がいる。

 

 

 

本当は苦しいのに自分は大丈夫と
必要以上に無理をしている。

 

 

 

周りから見ていつもいい人でありたいと
つい仮面をかぶって無理をしている。

不倫をして訴えられそうになっても自分を責めないで

カテゴリ: 恋愛コラム 公開日:2018年10月24日(水)

 

TVのワイドショー等でもご存知の通り
世間での不倫の評価は「最低最悪」です。

 

 

 

倫理においてこれほど断罪される恋愛はなく
問答無用で社会的信用を落とすだけでなく
周りにいた人間も波が引くようにいなくなるほど。

既婚男性は何故妻がいながら不倫に走ってしまうのか

カテゴリ: 恋愛コラム 公開日:2018年10月21日(日)

 

既婚男性は何故安定的な家庭がありながら
外に不倫を求め愛人を作ってしまうのか。

 

 

 

オスの本能は自分の遺伝子を如何に残すのか
諸説ありますがこの考えがよく聞かれるところです。

愛人の不安と不満

カテゴリ: 恋愛コラム 公開日:2018年10月09日(火)

 

「愛人関係に不満や不安がある」
そんな話はカウンセリングを受けていると
結構多く聞く機会があります。

 

 

 

「嫌ならば別れたらいいのに」
単純に周りはそう思うかもしれませんが
愛人にも愛人なりに
歴史や深い思いはあるはずです。

不倫・既婚男性は必ず家庭に戻る

カテゴリ: 恋愛コラム 公開日:2018年09月28日(金)

 

既婚男性と不倫中のあなた。

 

 


現在に強い不安を抱いていませんか?

 

 

 

不倫は独身女性にとって様々なリスクが伴います。

 

二股をかける男性は本命とセカンドの全てにバレている

カテゴリ: 恋愛コラム 公開日:2018年09月24日(月)

 

世の中には二股交際をしている男性が結構います。

 

 

 

やはり男性の浮気率というのは高くて
そしてバレやすいのが特徴でもあります。

 

 

 

二股を掛け始めたけれど
本命やセカンドは全く気付いていない様子だし
上手くハンドリングしていけば
このままずっと二股のスリルを楽しみながら
恋愛とセックスを堪能出来る!

 

 

 

そんな淡い期待を抱いている二股男性諸君
しばし立ち止まってよく考えてみて下さい。

何度も繰り返される浮気・原因と対処法

カテゴリ: 恋愛コラム 公開日:2018年09月23日(日)

 

性別は問わず浮気を繰り返してしまう人は
人間としての本能や欲が優先されてしまい
モラルや理性を欠いた考え方が基本にあります。

 

 

 

ただ単純に性欲が強いことで
特定のパートナーとのセックスだけでは
性欲を満たすことが出来ないという問題も存在します。

ときめく恋と永遠の愛

カテゴリ: 恋愛コラム 公開日:2018年09月20日(木)

付き合った初めの頃のような
胸が高まる関係に戻りたい。

 

 

 

付き合いや夫婦の歴史が長くなり
マンネリな気持ちが入るようになると
そんな思いが交錯することもあるのではないでしょうか。

 

 

 

恋愛がスタートした頃は
二人にとっては何もかもが新鮮で
一つ一つの出来事に胸の高鳴りを感じることでしょう。