メニュー

猟奇的な彼女 - Salon de Femmes(サロンドファム)|横浜市の恋愛・夫婦・不倫・離婚・性など男女問題をカウンセリング相談

ご相談事例

猟奇的な彼女

カテゴリ: 恋愛事例 公開日:2017年08月15日(火)

 

 

男性への思いが高じて

思いをコントロール出来なくなる。

 

 

 

突然思いもよらぬ別れを通告され

気持ちの整理が

やがて憎しみに変わる。

 

 

 

別れを了承したものの

男性がすぐに他の女性と

付き合っていることを知り

諦めから怒りへ。

 

 

 

多感な女性だからこそ

割り切れない思いが

憎しみへと変化した時

ネガティブな気持ちは

やがて恐ろしい行動へと

加速度的に駆り立てられていきます。

 

 

 

今回は実際に

ご相談を受けた事例を

ご紹介致します。

 

 

 

・復縁を断ると一転脅迫行為が続き・・・

 

男性35歳・女性34歳

共に会社員・一人暮らし

一年半交際の後に破局。

 

 

 

価値観の相違から

付き合っていた女性に別れを告げ

女性も了承し別れました。

 

 

 

しかし半年も経たないうちに

女性から幾度となく復縁を迫られ

色々と悩みましたが

結局復縁の話は断りました。

 

 

 

するとしばらくの間

メールで罵倒され続けました。

 

 

 

罵倒するだけではなく

別れた後に妊娠し

流産したと告げてきました。

 

 

 

男性との間の子供であり

別れる際は黙っていたが

産むか産まないかを

躊躇している間に

流産をしてしまったとのことです。

 

 

 

それから女性は

メールから実際の行動へと

脅迫がエスカレートします。

 

 

 

ある日男性の自宅のポストに

女性からの手紙が入っており

「あなたの会社に診断書(流産の)を送る、人生をめちゃくちゃにしてやる」

と書かれてありました。

 

 

 

自分の子供かどうか

それが真実なのかどうか

真相は分かりませんが

女性から脅迫を受けて

謝罪するしかないと

すぐに電話を掛けました。

 

 

 

電話口で謝罪をするも

そんなものは謝罪じゃないと

すぐに電話を切られてしまいました。

 

 

 

するとその後すぐ

「解決したいなら治療にかかった費用を全額現金書留で送れ、これで全て終わりにする」

とのメールが送られてきました。

 

 

 

請求通り五万円を書留で送りました。

 

 

 

しかし脅迫メールは一向に収まらず

更に男性を民事で訴えると言われ

「相談している弁護士も慰謝料を取れると言っている」

「精神科で診断書を作成するために通院している」

等と言ってきています。

 

 

 

メールの文面からも

女性の精神状態は

非常に不安定なことが分かります。

 

 

 

親にも友人にも相談出来ず

女性から送られてくるメールにも

怯える毎日が続き

精神的にも限界に来てしまいました。

 

 

 

・別れを切り出したら逆切れされ、今までのデート代やプレゼント代を請求された・・・

 

男性28歳・女性34歳

男性は派遣社員

女性は正社員

半年間の交際。

 

 

 

男性がギターを始めたいと話すと

十万円もするギターを

誕生日でもないのにプレゼントされたり

通勤にバイクが便利かなと話すと

次の日にバイクをプレゼントされたり。

 

 

 

それなりにつき合ってきましたが

性格が違うと感じ始めても

逃げられない感じになってしまいました。

 

 

 

男性から「○○が欲しい」と

一度も言ったことはないですし

匂わせたつもりもないのですが

次々と男性の収入では

到底買えないものを

女性は男性に買い与えてきました。

 

 

 

気が引けて断るのですが

折角買ったのにと言われると

受け取らざるを得ないところがありました。

 

 

 

そんな窮屈な感じに耐えられなくなり

女性に「別れたい」と告げたところ

今まで怒りを表した事のなかった女性が

豹変して罵詈雑言の限りで罵倒し始めました。

 

 

 

「別れるならば今までプレゼントしてきた品々の、購入した代金を全て支払え」

そうまくしたてられ

プレゼントのリストと

総額の請求書が送られてきたのです。

 

 

 

支払いをして済むならと思いましたが

男性には支払える金額ではなかったため

恐ろしくなり警察に相談しました。

 

 

 

しかし警察では

「恋人同士の揉め事には、警察は不介入です」

と言われてしまい

窓口で断られてしまいました。

 

 

 

彼女は会社を欠勤して

毎日男性の自宅を見張るなど

ストーカー行為をするように。

 

 

 

男性は外出もままならなくなり

仕事にも行けなくなりました。

 

 

 

怖くて買い物にも行けないので

出前を取ったり

彼女がいない時を見計らって

急いでお弁当を買いに行ったり。

 

 

 

どうやったら彼女の怒りを

収めることが出来るのか

お金を払うより他ないのか

警察にも見放され

頭を抱えています。

 

 

 

・独りお悩みの中で苦しむより、第三者へ解決の糸口を求めましょう

 

現在似たようなお悩みを

独り抱えている方は

いらっしゃいませんか?

 

 

 

当サロンのカウンセリングを通して

一緒に解決の道を

模索していきましょう。

 

 

 

当サロン提携の

各方面の専門家へのご紹介等から

解決方法のご提案と

ご相談者さまのメンタルフォローを

ご提供致します。