メニュー

セックスの絶頂感 - Salon de Femmes(サロンドファム)|横浜市の恋愛・夫婦・不倫・離婚・性など男女問題をカウンセリング相談

ご相談事例

セックスの絶頂感

カテゴリ: セックス事例 公開日:2018年05月13日(日)

 

 

今回のご相談者は

50歳男性・会社員・既婚の方です。

 

 


妻・44歳とのセックスについて

お悩みを打ち明けて下さいました。

 

 

 

夫婦は結婚して18年です。

 

 


結婚前の交際中から

何となく違和感に感じていたことが

長年掛けてハッキリと悩みに変わりました。

 

 

 

・パートナーの絶頂感のポイント、本当に分かっていますか?

 

妻はクリトリスで

絶頂に達することが出来るのですが

膣内の刺激では

なかなか達することが出来ません。

 

 


挿入して10分程してくると

膣内は濡れて来るのですが

そのうち妻は痛いので止めてほしいと

セックス継続を拒否してしまいます。

 

 

 

結局夫だけが

物理的に射精に至る事となり

毎回申し訳ない気持ちで

セックスに後悔をしてしまう状態です。

 

 

 

仕方がないので

最後にクリトリスを刺激して

とりあえず妻を満足させ

セックスを終わらせている状態です。

 

 

 

これが男として

何とも言えず情けない思いで
セックスに対してお互いに

どうしても消極的になってきています。

 

 

 

HOW TO本などを読むと

女性が快感を感じる器官は

クリトリス派と膣内派の両方あり

片方だけでしか得られない女性もいれば

両方で得られる女性もいると書いてありました。

 

 


多くの女性はどのように

セックスで満足を得ているのでしょう。

 

 

 

今のままでは夫婦の間に

セックスは無くなってしまうだろうと思われます。

 

 

 

それは夫婦として

これからも仲良く過ごしていくために

何としてでも避けたいのです。

 

 


・・・というお悩みを打ち明けて下さいました。

 

 

 

・炉芯は、多くはクリトリスにあります

 

医学・生理学的な話になってしまいますが

器官で考えてみると

膣内のみで達する女性は

非常に希ではないかと思います。

 

 

 

女性は、基本的に

クリトリスで達する場合が殆どです。

 

 


膣内で達しているようにみえても、

実はクリトリスで感じて

複合的に膣内でという場合が大半です。

 

 


膣口から2.5cm以内の距離に

クリトリスがあれば

挿入と共に体が合わさることで

クリトリスも同時に刺激を受け

絶頂に達するという仕組みです。

 

 

 

膣内は男性の陰茎に当たる器官で

ここは基本的に鈍感です。

 

 


陰茎だけ刺激しても

射精に至らないのと同じように

膣内だけで達するのは

基本的に至難の技なのです。

 

 

 

医学的に考えて

女性が臨界点に至る性感の炉芯は

クリトリスということになります。

 

 


男性はこの点を理解しておかなければ

いくらピストン運動を繰り返しても

努力が無駄になってしまいます。

 

 

 

快感に目覚めた女性や

感覚が敏感であった場合など

稀に子宮口やGスポットと呼ばれる

膣内上部にあるスポットに刺激を受けて

クリトリスで感じる快感とは

全く違う感覚を得る女性もいるようですが

これは稀な例ではないでしょうか。

 

 

 

妻はクリトリスで絶頂を得られるのですから

挿入で刺激がクリトリスに当たるような体位と

動きを工夫されてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

今日明日すぐには無理かもしれません。

 

 


しかしお二人で協力し

思考錯誤しながら

セックスをクリエイトしていくことが大切です。

 

 

 

炉芯が熱く融解する日は近いと思います。

 

 


まだ開発余地があるということではないでしょうか。

 

 


夫婦共にこれからの楽しみが

増えるということでもあると思います

とても素敵なことですね。